にじゆらのTOPへ
online shop
にじゆらのこと
手ぬぐいのこと
注染のこと
作家さんのこと
blog
NEWS
直営店
にじゆらの情報
店舗からのお知らせ
リンク   会社概要   一般お客様お問い合わせ         
手ぬぐいアイコン

にじゆらの手ぬぐいは何回も使うことで
肌にもなじんで色も落ち着き、アジがでてきます。
ぼろぼろになるまで使って、自分だけの手ぬぐいを育ててみてください。



手になじむ素材
市販の手ぬぐいは木綿100%が主流で、白生地を後から染めるのが一般的。
またその布は、織り糸の太さによって2種類に分かれます。
太目の糸でざっくりと織ったものが「総理」。
細めの糸で緻密に織ったものが「特岡」と呼ばれています。
「にじゆら」の手ぬぐいが使っているのは、そのほとんどが「特岡」。
手になじむ、しっとりとした感じが特徴です。

切りっぱなしのワケ
手ぬぐいを見ると、端が切りっぱなしになっているのに気づきませんか?
その理由は、乾きが早いので清潔に使えること、また手で裂きやすいので、
いざという時、包帯代わりにすることも簡単にできます。
使って、洗っていくうちにほつれてきたら、横糸のみハサミで切って処理してください。
そうすると、よりほつれにくくなります。

大切に育ててください
洗濯の際は、他のものと一緒に洗わず、合成洗剤や蛍光増白剤・漂白剤は使用しないでください。
洗濯後は、形を整えて陰干しを。
濡れたままでの放置やつけおき洗いはしないでください。
また洗濯後は多少の縮みが出ます。アイロンをかける際は、霧吹きで湿らせるかスチームでお願いします。
にじゆらの手ぬぐいは、洗うたびに色合いは柔らかさを増し、肌触りもよくなります。