注染和晒てぬぐい展


こんばんは!11月に入り、大阪はめっきり寒くなってきました。

11/5.6の2日間、注染の工場や織屋さん、晒工場などがあつまる毛穴町の会館で
「注染和晒てぬぐい展」が盛大に行われました。

このイベントはにじゆら本社の染工場がある大阪堺の情報を発信する「omoroi さかい」と
注染和晒興業会主催で行われました。


注染和晒興業会の「一心染」、染工場3社で企画運営する「左海壺人」、
そして「にじゆら」の手ぬぐいを展示販売し、手ぬぐいを使っての「秋のテーブルコーディネート」の展示や
堺のお米屋、「トラとウサギの茶飯事」さんによるブランド米おむすびなどを提供するカフェ、
堺に縁のあるアーティストによるコンサートなど、盛りだくさんの2日間でした。

もの作りの現場の町にいまだかつてないくらい沢山の方が地元の方はもちろんの事、
遠方からもお越しくださり、とても賑わっていました。


私は包んだり巻いたり被ったりと題し、「誰でも出来る手ぬぐいの簡単な普段使い」のお話を少しさせていただきました。

お客様がお帰りの際に「ティッシュケース包み、さっそく帰ったらやるわ~ありがと~」と
わざわざお声掛けくださり、とても嬉しかったです。



つくり手が自分たちの力で直接お客さまにお届けするということが大切だなーと改めて思いました。





omoroiさかいHP 注染和晒てぬぐい展の概要はこちらから
このページはガイドブックに載っていないような地元目線の堺の情報が
沢山載っていますのでぜひご覧ください。

さて、オンラインショップでは手ぬぐいで出来たカレンダー「SACUTONE2017版」が
発売開始となりました。

今回はとっても素敵なノベルティ付きです!
ぜひぜひご覧ください!






オンラインショップ 藤うら               2016.11.08(TUE)


ページトップへ