簡単ファブリックボード


前回は、これからの季節に飾りたい柄のご紹介をさせていただきました。
その中で、ひとつ初めてやってみたことがありまして…、

こちら、ファブリックボード仕立てにしておりました^^*



今回はこちらの作り方を…と言ってもかなり簡単です!
ぜひこの爽やかな季節に(暑くなっていろんなやる気がなくなる前に…!?)、挑戦してみていただきたいです~> <*

ファブリックボードというと、木製のキャンバス土台が定番かな…と思うのですが、
手ぬぐいに穴をあけてしまうと、また使おう!と思った時に困ります。
ですので、今回は段ボールを使いました!


はい。周りが真っ直ぐでなくても大丈夫。ここから理想の形にもっていきます。
サイズの目安としましては、出来上がりの倍くらいのサイズを思い描いて下さいませ。


私は、この青線くらいのサイズを想定してダンボールを準備しました。
大体、ざっくりで大丈夫です。

このダンボールを半分に畳み、手ぬぐいをあてます。
柄の出したい部分と、出来上がりの大きさを考え、横幅など決めてゆきます。


この辺!という所に印を。
上下左右決まれば、出来るだけ真っ直ぐ線を引き、切ってゆきます。


切れました!
はじめに半分にしているので、2枚重なった状態になります

ガムテープなどで貼りあわせ、ぴたっと1枚に。


はい、こんな感じです!しっかり見ないでくださいね。真っ直ぐじゃないです!
(性格がでます。)


これに手ぬぐいを貼ってゆきます。
ガムテープや両面テープでがっつり貼っていただくのもよいですが、
マスキングテープでも強度は大丈夫そうです。

ダンボールですが、真っ直ぐ切るのに苦心したので、使いまわせるようにマスキングテープで貼りました。

まずは左右。


片側は、長さを合わすために、ぱたぱたと折っております。


もちろん切っていただくのも一つですが、
使う派としましては、飽きたらもとに戻せる!というのが基本になります( ・`ω・´)b

両サイド貼れましたら、次は上下。
こちらは手ぬぐい同士なので、セロテープで大丈夫です~。


これを四隅やりましたら、完成です~♪
折りたたんで、角を斜めに畳んであげると、すっきりと止めやすいです^^*

あとはもうお好みで…、ポスターを貼るような強い両面テープで壁に貼るもよし、
玄関の靴箱の上に立て掛けるもよし、
釘やピンが打てるところなら、2本打ってその上に置くもよし!

ダンボールの程よい厚みが、ふっくらと雰囲気よく仕上げてくれるな…!という感想です!
おすすめです!

額でもタペ棒でもない飾り方、ぜひ一度お試し下さいませー!◎

(フナサキ)

2015.05.07

ページトップへ