注染実習レポート!

こんにちは!

3月になりましたが寒い日が続きますね!

季節の変わり目、気をつけてくださいね。

さて今日は、注染実習レポート!です。

先日、スタッフの注染実習を行いました。

にじゆらの手ぬぐいは、「注染」という技法で染めています。

注染は大阪で生まれ、全国に広がりました。

  注染のこと⇒https://www.nijiyura.jp/hpgen/chusen01.html

職人さんが染めている所を見ることはあっても、実際に染めるのは今回初めて。。。のスタッフによる実習でした。

実習スタート!

ながーい晒しを、ジャバラ状に折り重ねて・・

今回は、型や糊置きの工程はなく、土手のみの簡単な方法です。

(・・・と言ってもむずかしい・・・!)

土手を描いていきます。生クリームを搾り出すように。。

染料を、注ぐ。じょうろのようなこの道具、「ドヒン」といいます。

このとき、足で真空ポンプを踏んでいます。

気を抜いたら染料が土手からあふれ出る・・!

「川」と呼ばれる洗い場の職人さんに「お願いします!」

冬場にこの水の中で・・すごいです。

糊がきれいに落とされてゆきます。

完成!!

じゃばらに折り重ねた2枚目以降は染料が思いのほか広がっていています!

けれど予想外のにじみが出るところが、面白かったです。

まさに「にじ」んだり「ゆら」いだり・・・

私が注染に惹かれるところです。

みんなそれぞれ、オリジナル手ぬぐい、できました!

「ROND3」にチャレンジ・・・!

こちらは、はらべこあおむし!

おしゃれな葉っぱのようなデザイン・・!

本物の職人さん。

改めてすごいなあと見学。。。

今まで見ていた手ぬぐいの染めがいかに難しいか、改めてわかりました。

「ROND3」。一見簡単なようですが・・・こんなに綺麗な丸、すごい!

「RONDボーダー」。色の境目をこんなに真っ直ぐ、そして均一な色の幅。・・・すごい!

「富士山 茶畑青」。富士山頂のぼかし加減・・これはもう神業です。

染めの難しさを知ると、改めて手ぬぐいを見るのが楽しくなります。

染めの工程⇒https://www.nijiyura.jp/hpgen/chusen11.html

工場見学も定期的に開催しておりますので、またよろしければ店舗スタッフにおたずねくださいね^^

東京の染めこうばや、大阪の中崎町本店にて、実演もしております!

「EVENT」欄をご覧になってくださいね。⇒https://www.nijiyura.jp/

                              2015.3.9 坂口

ページトップへ