幸せにしてくれるアイテムのひとつ。 お花。


 にじゆらスタッフはfacebookのグループを使って毎日社長がスタッフに向けて
【朝礼】として書いている内容を共有しています。

毎日スタッフにエールを送るのとにじゆらは本社と店舗があるため離れていても
心を一つにするためです。(たぶん笑)


今日はその朝礼の情報でお見舞いの時、患っているお友達を励ます生花が
受け入れてもらえない病院が多くなっていることに触れられていました。
私事ですが昔父がお花屋さんを営んでいました。やはりお見舞いなどにプレゼントにする方が多く、
忙しい中、電車の中などでも必死になってリボンを作る練習をしていたことを覚えています。

お花は人の心を幸せにする最大のアイテムです。
香りやカタチ、いろんなきっかけで、『この花好き!』っていう
お花をお持ちの方も沢山おられるはずです。


お花には花言葉もあり、メッセージ性も強く、お見舞いなどの贈り物には
お部屋も明るくなり励みにもなります。

病院では ‘‘感染症の原因となる可能性を少なくする’’ という事のひとつとして
生花の持ち込みを制限しているところがあるそうですが心を癒す効果が
大きいだけにすごく残念です。


にじゆらには『手ぬぐい花の贈り物』という商品があります。
この商品を週刊朝日のグラビア掲載で取り上げて頂いたときから
オンラインショップでは『手ぬぐい花の贈り物』を店長のおすすめとして
掲載していますが、この商品が出来たきっかけには、工場で働いていた大切な従業員が
大病を患い、お見舞いに行った時にお花を持ち込めなかったという背景があります。

実はにじゆらの手ぬぐいも、『心がやすらぐ色づかい』と評判で、枕にしいたり
体を冷やさないように広げて肩にかけたり出来るのでお見舞いなどの贈り物にも
よく使っていただいています。
生花をシンプルな病室に飾ってもらい、少しでも気持ちを元気にという思いを届けられず
とても残念だった経験から生花ほどのものではないけれどそれに
代わる様なものを手ぬぐいで出来ないかと考え、飾ってステキな
お花の形にたたまれた手ぬぐいが出来ました。


   





関西では紅葉はもう少し先ですが、とても肌寒くなってきました。
にじゆらからは暖かくなる様な、冬にもおすすめの手ぬぐいをご提案しています。

これからも心温まる楽しいアイテムをお届けしたいと思います。





                             2014.10.10(Fri)  藤うら


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ