職人展【nakani.】はじまりのはじまり。Vol.5注染をまとう。その2。

中崎町本店5周年記念のイベント。
にじゆらを支える職人らのものづくり展。

それぞれのチームで何をするかを考えました。
にじゆらは染工場ナカニが皆さまにいつまでも注染を楽しんで頂く為に職人を育て
注染を発展させ、お伝えする為に立ち上げたブランド。
そんなナカニには注染の可能性を広げる、広幅の注染台があります。

小幅の注染と勝手の違う広幅の研究をしているベテラン職人がいるチーム。

「広幅でもいいんですか?」

よろけ縞をデザインした彼女は小声で控えめに、しかし、しっかりとそう言いました。

その一言をきっかけに「注染をまとう。その2。」が作られる事になりました。



型は使わず、フリーハンドで描きます。なんとなく描いているように見えて、細かい細工がしてありました。微妙に濃淡をつけているのです。






川で洗濯を・・・。余分な染料を洗い流します。





注染は糸に染料を染みこませるため、水分をはじかず吸水し、速乾性もあり肌さわりが良いのです。
この風合いを全身で感じたい。身にまとう事を想像し規制なく自由にデザインし、立体に仕上げます。



さて、仕立て上がりが楽しみです。




中崎町本店5周年イベント
職人展【nakani.】はじまりのはじまり。
開催日4月19日(土)~5月6日(火)


ページトップへ