職人展【nakani.】はじまりのはじまり。Vol.4 注染をまとう。

にじゆらを支える職人たちのものづくり展。

チーム分けをして一緒になった彼女はものづくりが好きな少し控えめのしっかりさん。

どんな柄にするかの話し合い。

「やりたかったもの、あるんちゃう?」

「はい。あります。」

注染の技法には注染の工程を二度行う、【細川染め】というのがあります。一度注染で染めた反物にさらに注染を施す。

通称「二度もの」
この技法を使って染めた浴衣を一つ作りたい。



今回彼女がデザインしたのは【よろけ縞】。
一度目も二度目も型を使うデザインなので二枚の型が必要です。


ベテラン職人に指導を受けながら緊張の時です。



彼女は変わり生地を使いました。


チームのメンバーはそれぞれ、好きな配色を考え、同じ型を使い、それぞれの柄が出来ました。

地染めされた刺し子の生地。縞を1本だけ抜染しています。


自らが纏(まと)いたいと思う注染の風合いを浴衣に落とし込みました。

ページトップへ