春に向けた手ぬぐいの使い方

寒いですね…京都はまだまだ冷え込みます 『うつわと手ぬぐい展』も
終えて、お店も春に向けたディスプレイに変更中です。

とはいえ、お天気もまだ春の訪れは感じられませんが…(笑)冬ならではの手ぬぐいの使い方は、意外と多いんです。
(クローバーガーデン、マルチカラー 1,575円) 
例えば、濡れ手ぬぐいをハンガーに吊るしておくだけで、乾燥しているお部屋には加湿器代わり使えて役に立ちます。
加湿器を使用して窓の結露が気になる方や、お部屋の換気ができないなとお困りな方
この機会に利用してみてはいかがでしょうか?


他にも、春先は行事が多いので
手ぬぐいを飾るには楽しい季節なんです。

もうすぐ、おひなさまを飾る時期、
けれども置ける場所も…というときには、出すのもしまうのも
手軽にできるおひなさま柄の手ぬぐいがおすすめですよ。


おひなさま(1,575円)タペストリー(945円)

四季折々の行事を手軽に楽しめるのも
手ぬぐいの使い方のひとつです。
ぜひお試しくださいね

(2014 02 12)

(池上)

ページトップへ