キャスト「なにわの仕事を学びまSHOW」 ご覧いただきありがとうございました!!

10/30(水)放送の朝日放送テレビ キャスト「なにわの仕事を学びまSHOW」のコーナーにて、
なにわ男子の西畑大吾さん、長尾謙杜さんが中崎町本店、にじゆらを運営している
堺の染工場ナカニに「注染手ぬぐい」を学びに来てくださいました。


冒頭、コーナー名を「堺の仕事を学びまSHOW」に変更してしまうほど、
堺への愛が終始あふれている西畑大吾さん。堺の者としてはとても嬉しかったです。

そんな西畑さんが頭に巻いていらっしゃったのは、「もののはじまり なんでも堺」。

もののはじまり なんでも堺

堺は、むかし貿易が盛んだったこともあり、日本で初めて作られたもの、
生まれたものがたくさんあるのですが、それらをモチーフにした手ぬぐいなんです。
まさに堺大好き!な西畑さんにピッタリ!!


店内には季節の手ぬぐいをメインにディスプレイ。
取材当時は秋の柄が沢山飾られていました。
カラフルでかわいい手ぬぐいや、手ぬぐい生地で作られた雑貨類も取り扱っています。

店内で広げていたおばけの柄は「おばけたちの夜 ピンク×グリーン」。


こちらは店長も話していた通り、網の部分を一度染めて、その上から
おばけちゃんたちを染めている二度染めという技法のもの。とても手間がかかる難しい柄です。


工場の方では、手ぬぐいを作る工程を見て、実際に体験していただきました。
注染手ぬぐいはすべての工程を、熟練の職人たちが手作業で生産しています。
糊置きも、土手を作るのも、染料を注ぎ入れるのも、簡単そうに見えて実はとても繊細で難しい作業。
「めっちゃ難しい」とおっしゃっていましたが、目で職人の技を盗み、最後はきれいに糊置き出来た長尾さん、さすがです!!

和気あいあいと作って完成したのは、メンバーカラーのオリジナル手ぬぐい。
注染の特色であるにじみも利用して7人全員のカラーが揃った、カラフルで素敵な
手ぬぐいに仕上がっていましたね!!

残念ながらオリジナル手ぬぐいの販売はありませんが、番組内で紹介された手ぬぐい
まとめておりますので、気になった方はぜひ注染手ぬぐい使ってみてくださいませ。

 


スタジオで紹介された色々な包み方はこちらからご覧いただけます。ティッシュカバーや、ペットボトル包み以外にもブックカバーやボトル包みなど色々使えますのでぜひお試しください!!


手ぬぐいのお買い物は、こちらのオンラインショップもしくはにじゆら直営店へ。
それぞれのお店に限定柄があり、お店の特色、雰囲気も違います。
お近くにいらしたときはぜひお立ち寄りくださいませ!!
店舗情報はこちら


西畑さん、長尾さんのように体験染めをしてみたいという方は、
インスタグラムでも随時情報発信をしています。


最後に・・・
番組でもおっしゃって下さいましたが、10/31発売の西畑さん表紙の「堺市Walker」、
にじゆらも載っております!
お手元にある方は、にじゆらの方もどうぞご覧くださいませ。


西畑さん、長尾さん、注染手ぬぐいを学びに来ていただき、ありがとうございました!!
この番組をきっかけに、一人でも多くの方に注染手ぬぐいの魅力が伝わりますように・・・

ページトップへ