電車柄集合!!~阪急電鉄編

関西私鉄各社とコラボいたしました「電車柄」手ぬぐい、ご好評いただいております。
皆さんはもう手にされましたか??
それぞれの手ぬぐいに特徴があっておすすめポイントもたくさんありますので、
少しずつお話しできれば、と思います。


今回は「阪急電鉄」さん
阪急電車、と言えばあずき色ともチョコレート色とも評される、光沢のある車体が印象的。
「阪急マルーン」と呼ばれています。
関西にお住まいの方以外でも映画「阪急電車」でご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

車体」では、そのカラーを染めで表現。
神戸線・宝塚線・京都線を走る1000から9000系の様々な車両をデザインしています。
スケッチで描いたようなラフなタッチで、可愛らしい雰囲気ですね。

阪急電鉄 車両

手ぬぐい上部の「阪急電鉄」のロゴは、駅名看板の文字を置き換えたもの。

阪急電鉄 車両

行先表示の文字もそうですが、文字を染めるというのはとても技術のいることなのです。
少しの線も潰れてしまっては、読めなくなってしまいます。ムラなく均一にしっかり糊を置く、染料を注ぎいれる際のわずかなさじ加減、そんな職人の技術によって細かな染めが完成しています。

阪急電鉄 車両


そして、阪急電鉄の各路線の沿線の名所や名物を描いたのが「沿線めぐり」。

阪急電鉄 沿線めぐり

見ているだけで電車旅をしているような楽しい気分になる一枚です。
それぞれのイラストが、何を表しているかお分かりですか??

スタートは手ぬぐい下部の電車が並んでいる梅田駅。
まずは淀川を越えて・・・

阪急電鉄 沿線めぐり

神戸方面へ行く<神戸線>は、競馬場のある【園田】、六甲山への玄関口【六甲】、パンダのいる王子動物園のある【王子公園】を経由して、異人館や洋館のある【神戸三宮】へ。

宝塚方面へ向かう<宝塚線>は、服部緑地のある【曽根】、お菓子セットでおなじみ森のおはぎさんのある【岡崎】、大阪空港の【蛍池】、そして箕面線の方へ入って手ぬぐいをたくさんコラボしている箕面ビールさんの【牧落】から、お猿さんもいる箕面の滝【箕面】へ。

<京都線>は阪急そばの【十三】、桜の通り抜けのある【崇禅寺】、車庫のある【正雀】、SL公園の【南茨木】、【桂】あたりの竹林を過ぎて、寺院や和菓子のあたりで【河原町】に到着!!

阪急電鉄 沿線めぐり

各沿線、それぞれ秋の紅葉を楽しめる場所もあり、手ぬぐいに描かれてるところを実際に訪れてみるのも楽しそうですね!!

そしてお気づきでしょうか??
にじゆらの関西直営店は阪急電車の沿線にあります!!
・中崎町本店、ルクア大阪店は【梅田】
・神戸店は【神戸三宮】
・三条店は【河原町】
からそれぞれ10分ほどでお店にお越しいただけます。
電車の旅を楽しんだ後は、ぜひにじゆらのお店へも足をお運びくださいね!!

次回は・・・にじゆらの工場のある堺市内も通っている「南海電鉄」さんとの手ぬぐいについて、お話したいと思います。
それでは!!

ページトップへ