優しい風で涼をとる


5月に入り気温もぐんと高くなりました。

「暑いけど、扇風機やエアコンを入れるほどではない」

そんな時におすすめなのが、扇子です!!
コンパクトに持ち運びできますので、カバンに入れておけば大活躍間違いなしですよ~!

にじゆらでは、2種類の扇子を取り扱っています。
桐箱入りの「扇子」(税込7,776円)、新たに仲間入りしたRe.カタチの「せんす」(税込4,320円)、どこがどう違うのか比べてみました。

扇子 箱   
上が桐箱入り扇子 下がRe.カタチのせんすです。
Re.カタチのせんすは、紙箱入りで幅がコンパクト。
どちらも箱付きなので、使わない季節はこの箱に入れて収納できます。


扇子 たたみ時
扇子を箱から取り出しました。畳んでいるときはどちらも同じくらいのサイズです。
同じ柄の手ぬぐいで作った扇子袋付きなので、持ち運び時もカバンの中で安心ですね。


扇子 開き時
ここまでは、分かりやすい違いと言えば箱のサイズくらいでしたが・・・
扇子を開くと、違いが分かりやすくなりました!
桐箱入り扇子はオーソドックスな形で、男性も女性も使いやすい形。
Re.カタチのせんすは「ホタテ型」で可愛らしく丸みを帯びた形なんです。
コンパクトな形ですが、あおぐとしっかり風が感じられます。

「規格外の商品に新たな価値を見出し、様々な形に変化させ皆様にお届けする」というコンセプトの元、
展開しているRe.カタチシリーズ。こちらのせんすも同様に規格外の生地を使用していますので、
お求めやすく、普段使いもしやすくなっています。


いかがでしょうか?
桐箱入りの扇子とRe.カタチの扇子ではラインナップも違います。
あなたにぴったりの扇子を見つけてくださいね!
末広がりの扇子はお祝いごとや、父の日贈り物にもおすすめです。



浴衣にぴったりの京うちわも販売しております。夏祭りや花火大会のおともに!!
Re.カタチ 京うちわ イメージ
こちらもぜひご覧ください。


2019.5.13(Mon)     こだま

ページトップへ