ずっと続く、お祝いの気持ち

2月ももうすぐ終わり。「1月往ぬる、2月逃げる、3月去る」と言いますが、本当にあっという間に過ぎ去っていきますね。そろそろ卒業の季節。次の進路が決まってお祝い事も増えてくる時期です。

にじゆらでは手ぬぐいの他にも、手ぬぐい生地を使った雑貨を販売していますが、なかでも人気があるのが「注染はんかちご祝儀袋」です。手ぬぐい生地を半分のハンカチサイズにしてご祝儀袋にしています。

カラフルでかわいらしいのはもちろんですが、なんといっても一番の特徴は贈った後も使っていただけること!!ハンカチとして、バッグの目隠しとして、ランチョンマットとして、いろんな用途でお使いいただけます。

また手ぬぐいと違って端が縫製されていますので、手ぬぐいに馴染みのない方にも、おすすめなんです。私もお祝い事の時に贈るのですが、とても喜ばれます。

ご祝儀 イメージ

結婚式だから華やかなブーケをイメージして「注染はんかちご祝儀袋 bouquet ピンク」にしてみたり、男の子の出産祝いだから「注染はんかちご祝儀袋 ガーゼ ROND ブルー」にしてみたりと、贈る相手に合わせて柄を選ぶのも楽しいですね。

     ご祝儀袋 ガーゼROND_白地ブルー【花結び】

私のおすすめは、最近仲間入りした「注染はんかちご祝儀袋 tenugui bouquet ミモザ」です。

ご祝儀袋 あわじ結び tenugui bouquet ミモザ  

黄色いお花がかわいい、手ぬぐいでも人気の柄です。

ご祝儀 イメージ

※中袋・短冊付き(あわじ結びには「御結婚御祝」・花結びには「お祝」のほかに、「寿(金字)」「無地」の2枚あります)

包み方はとっても簡単!

①まず、水引を外します。

ご祝儀 イメージ

②次にはんかちを広げます。

ご祝儀 イメージ

③お祝金を入れた中袋を厚紙の上に置き、元通りに畳みます。

ご祝儀 イメージ

これでOK!!どう畳んであったか分からなくなった場合は、畳み跡がついているので、その通りに畳んでいけば大丈夫です。最後は、表は右側が上にくるように、裏は下側が上にくるようにしてくださいね。

お祝いの気持ちが形に残る、そしてその嬉しい気持ちがハンカチを見るたびによみがえる、そんな温かい気持ちになれるご祝儀袋。いかがでしょうか?おすすめです!

そのほかのご祝儀袋はこちらから

ページトップへ