10周年企画染めこうばにじゆらのおはなしです

10周年企画 染めこうばにじゆらのはじまりのおはなしです。

染めこうばにじゆらは東京は上野御徒町の高架下にある2k540という商業施設の中に201411月にオープンしました。

それまでは、関東圏では、雑貨店や百貨店、デパート、駅ナカでの催事出展が大半で、お店が無いのでネットショップのみでした。

その催事出展の中に、高架下の2540の催事スペースで期間限定での販売をしたことがありました。来訪いただいたお客様たちも見たことがない手ぬぐいとご好評いただきました。

また、上を走る電車の音のおかげで、ものづくりの作業の音をさせても影響ないから最適な環境かも、という発想に至ります。

その後、紆余曲折あって、なんとか2k540にお店をオープンすることができ、「ものづくりの街」というコンセプトをよりわかりやすい形でみてもらおうということで

実際の工場の様子が見てわかるものを店内に置こうと通常の半分サイズの染色デモ機を設置し、

おおよそ月に1度のペースで染色の実演、体験ができるようにワークショップも開催しました。

染めこうばにじゆらという店名ですが、

にじゆら東京店という名前にしなかったのは、工場の雰囲気を味わってもらうために染めこうばと名づけ、手ぬぐいにもっと触れ合えるように染色の実演や体験、ハギレなどを使ったワークショップなども開催しています。

早いもので、4年という月日が過ぎましたが、「注染」を広めるために必要な要素はまだまだあると感じています。

ページトップへ