にじゆら10周年とにじゆら神戸店

注染手ぬぐいにじゆらは今年10周年を迎えます。
皆さまの日頃のご愛顧のおかげでございます。
いつも誠にありがとうございます。

10周年を記念して、にじゆら全店で記念企画を開催して参ります。
神戸店では ”手ぬぐいのある暮らし” をキーワードとして、こちらのブログ、店頭はもちろん、特別イベントも行います。
皆さまに楽しんでいただいて、手ぬぐいをより身近に感じていただければ幸いです。 お時間の空いた時は是非お付き合いくださいませ。


第1回めの神戸店ブログは、にじゆらと神戸店について

にじゆらは注染という伝統技術の発信に力を入れておりますが、他にも”紡がれる物語”を大事にして手ぬぐいをお客様にお届けしております。



注染という伝統技術を用いた工場・職人が紡ぐ物語

デザイナーが柄・色・コンセプトなど
デザインを通して紡ぐ物語


最後に、

手ぬぐいを連れて帰ってくださったお客様が紡ぐ物語です。


工場・職人が紡ぐ物語は ”にじゆらの10年” というコーナーでただいま連載が始まっておりますのでぜひ覗いてみてくださいませ。
読み応えあります!

デザイナーが手ぬぐいを通して紡ぐ物語は、
時には分かりやすく、時には受け取り方を全て委ねたり、
時にはものすごい変化球のこともありますが(笑)、
手ぬぐいのデザインに込められた想いです。

手ぬぐいを見てこんな場面を思い描いてほしい、こんな風に使ってほしい、楽しんでもらえたら、元気になってもらえたら…
それはいろいろな物語を含んでいます。

この2つの物語がお客様の生活の中で新しい物語を紡ぎ、彩りのある生活のお手伝いになれば。

そんな願いを込めてにじゆらは注染手ぬぐいをお客様にお届けしています。

にじゆらの手ぬぐいをお持ちの皆さまは今どんな物語を紡がれていますか?

インテリアに加えたらお部屋が楽しい雰囲気になった。
明るい柄の手ぬぐいで元気づけたいからプレゼントに…
手ぬぐいにはまって、集める楽しみができた。
何枚あっても困らない!手ぬぐい大好き!

はたまた

ばたばたしちゃって、飾ってる手ぬぐいがひとつ前の季節のままだわ。
洗濯したら色が移っちゃったー!
どこかでなくしちゃった!お気に入りだったのに悲しい…

などなど

大きなことも些細なことも、全部がお客様と手ぬぐいの物語です。

神戸店では少しの時間のおしゃべり、ですが、お客様の物語が覗ける楽しい時間です。
それはまた工場とデザイナーへ届き、次の新しい注染手ぬぐいが生まれます。

にじゆらの手ぬぐいがきっかけで物語が始まったり、
お客様の物語の中ににじゆらの手ぬぐいが登場したり、
そっと、お客様に寄り添えるアイテムであればいいなと願っております。

神戸限定柄「フィルム」

第1回めに選んだ手ぬぐいは、神戸店限定柄の「フィルム」です。

神戸店開店の時の記念すべき限定柄第1号です。
(「夜景」という手ぬぐいが同時に発売されています。)

今年7周年を迎えた神戸店にずっと寄り添ってくれている手ぬぐい「フィルム」。
神戸を象徴するモチーフをフィルムの中に染めています。
神戸に愛着のある皆さまはひとつづつ指をさしてモチーフを呼んでくださいます。

いわゆる”ご当地手ぬぐい”なのですが、神戸にとても愛着を持っている地元の方のお買い上げもとても多いのがこの神戸店限定柄達です。

リビングに飾っていただいたり、神戸に遊びに来る時のお供にしていただいたり、神戸へ遊びに来るご友人へのお土産にしていただいたりとたくさんの物語を紡いでくれています。

地元の皆さまは、神戸にまつわるものが身近にあると落ち着くのだそうです。
碇のマークやポートタワー、カモメ…眺めていると、神戸はいいところだなぁ、神戸が好きだなぁと思われるそうです。

LOVE KOBE の物語の一部になっていてそんなお話を聞くととても嬉しくなります。

この「フィルム」だけでなく、にじゆらには物語の一部となり、皆さまに寄り添う手ぬぐいがたくさんあります。
神戸店ではこんな風に、皆さまに寄り添えるう手ぬぐいをもっとご紹介したいと思い10周年企画のキーワードを ”手ぬぐいのある暮らし ”にしました。

今回は抽象的な部分が大きかったですが… 今後、このブログ・店頭などなどで引き続きご紹介して行きます。

また次回もお時間のある時に是非お付き合いくださいませ。

にじゆら神戸店 伊原

WASSAさんのけもといっしょに

ページトップへ